労務管理の法律の運用

労務管理の法律内容に注意

労務管理で法律に抵触しない

企業の人事を司る部門であれば、従業員の労務管理は避けられない重要なテーマでしょう。知らず知らずのうちに法律に抵触していることがありますので、注意が必要です。例えば、残業について。36協定を結ぶ必要があることはもちろんですが、それでも上限無しという訳にはいきません。また、年棒制だから残業代は支払わないということも、違法の場合があります。従業員を辞めさせることについても注意が必要です。労働法を熟知せず安易に解雇を断行すると、後に解雇無効となり、多額の金銭を支出することとなります。このように労務管理については、法律上注意すべき点が多々あります。安易に解釈せず専門家に相談するなど、間違いのない運用を心掛けてください。

労務に関する法律相談の増加

労働つまり労務に関する法律相談が増えています。かつては少し前まで不景気で、雇用する側は法を意識すること無く、働かせ続けたりしました。その結果、過重労働による諸問題が噴出しているわけです。ただし、今まではこうした法律違反をしていても、なかなか問題解決には至りませんでした。どこもやっていることとして問題になりづらかったわけですが、これからは労働者数自体が減っていきます。すなわち、雇用する側がしっかりとした意識を持たなければ、労務の提供者すなわち労働者側が、その雇用元を見捨てる可能性が高まっているわけです。

新着情報

↑PAGE TOP