法律を基に権利の主張

労務や人事に関する法律

労務や人事トラブルは法律で解決

企業における人事、労務トラブルというものは近年、特にクローズアップされて報道などがなされていますが、このようなトラブルが発生しないためにも企業側、そして労働者側の双方が労働に関するさまざまな法律についてある程度の知識を身に付けておくことが大事です。企業側にはそれなりの理由や立場というものがあるかもしれませんが、労働者側にも主張や権利というものがあります。特に労働者の権利に関しては法律によって保護されているため、必ずしも企業側の言いなりになる必要はありません。もしも人事、労務トラブルがこじれてしまったときには弁護士などに相談をするようにしましょう。

突然起こる労務に関する問題

会社を経営していると労務に関する問題が少しずつ発生してきます。法律を厳守しているつもりでも思わぬところで問題が発生します。例えば、労働者は日々業務を遂行するべく働いていますが、ときには多少無理を強いられるような場面も出てきます。その時に労働者が怪我をした場合、当然労災保険が適用され治療に関して労働者の負担がないようにされます。しかし、場合によっては現場に危険性はなかったか、労働時間・労働日数は適切であったかなどの調査が入ります。特に小さな企業では雇用側と労働側の暗黙の了解で成り立っている労働形態もあり、こうした調査を嫌う傾向にあります。このような労務に関する問題は突然起こりますので、法律についてはある程度知識を持ち相談役を作っておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP